« 開始博客的理由 | Main | »

2008年1月20日星期日

日本社会人際関係,特別関于東京和大阪

2005_0710_103624aa 我个人的想法,和大阪相比,东京人际关系很稀薄。所以可以说东京是住得很“舒服”的地方。除了所谓“江户子”以外,大部分的人从外地来到东京,各人各样过着日子,对别人没有关心,甚至住在隔壁的人也一直不认识,由此,东京人不必要人际关怀。即使有的人在路上昏过去晕倒,东京人让自己深信不疑,比如想“他看起来喝醉睡觉,没有问题”,一定好像没有发现地走开。个人的问题只有个人得解决。对东京人来说,这么情况很“舒服”。

大阪也不可以说没有那么情况,可有和东京相比不一样的地方。大阪人对别人的动作很有关心,狠容易和人亲近!这是有名的俗话,大阪人一看人就打招呼说;“你去哪儿?”,被打招呼的人说;“去那儿一下!”,大阪人就回答“那,太好了!”。不知道他去哪儿没关系,对大阪人来说,这就是寒暄语。大阪原来是“商都”,有句大阪商人的口头语,问;“你赚钱吧?”回答;“马马虎虎”,这就是很闻名,非大阪人以为大阪人常常使用这句寒暄语。可是事实说,我还没见过使用这句寒暄语的人。

    已过好久,我以前导演过有个科学节目,这就是关于东京和大阪的人际关系的。为了用科学把人际关系论述,我注视科学的一部分,就是社会心理学,采访学者,导演节目。那个内容比较丰富,用各种各样的测定方法彻底比较东京人和大阪人。比如“东京人和大阪人的步行速度哪个快?”,“吃饭时间哪个短?”,“买东西的时候讲价不讲价?怎么讲价?”,还有“看在街头站着奇怪的偶人,大家的行为什么样的?”。通过这样的实验和观察,能知道东京人和大阪人的气质的一端。

东京人和大阪人气质的分别显出来了的事是特别对“在街头站着奇怪的人”采取的双方表现。我为把这个实验实行,委托一个默剧演员,我让他装作英国绅士在东京新宿和大阪道顿堀站着一个小时,观察往来的人采取怎样的态度。默剧演员装作的英国绅士首先在东京新宿小田急百货大楼前面站了,一点也不动,一句话也不说,凝视天空的一点。于是买东西的人渐渐集聚,越来越多了,可他们都远远围观,离他10米,他们也只凝视他不跟他说话。

那么大阪人怎么样呢?后日我们去大阪道顿堀实行一样的实验。英国绅士在道顿堀川架设的戎桥上又一点也不动站了。戎桥是在大阪最热闹的地方,和新宿相比比得上。实验开始,行人发现他,渐渐集聚了一转眼成了包围,可和东京不一样。离他3米,有的人向他打招呼,有的人跟他搭话,甚至有的人给他一个小熊娃娃!

按照社会心理学者看法,大阪人的“私人范围”比东京人的狭小。和东京人相比,“私人范围”小的大阪人可以更接近别的人,而且别的人可以更接近大阪人。所以东京人和大阪人一起在的话,东京人对大阪人感觉他们很不害羞,大阪人对东京人感觉他们很冷淡。一般说大阪人擅长讲价,东京人喜欢装饰外表。“私人范围”就创作社会人际关系。

节目播出后还是东京和大阪人际关系大概不变。可是比以前双地方人际关系仅仅更冷淡起来了,这就是我担心的情况。

« 開始博客的理由 | Main | »

Comments

民主党政権(2009年 - 2012年)が日本で政権を握っていた期間中、日本の外交はロシアの方向で多くの失敗を経験した。方向。この期間のロシア側の主な論文は、「南クリル諸島はロシアの領土の一部であり、それらに対する我々の主権は正当で議論の余地がない」というものでした。それに応えて、日本側はロシアを「北方領土の違法占領」であるとして非難するしかなかった。
 
しかし、両国の政治的指導力の変化は、日露関係の雰囲気を著しく改善させた。 2013年4月末の安倍晋三首相のロシア訪問を含めて、1年足らずでロシアと日本の指導者たちは5回会合を開くことができました。ロシアへの日本の首相の公式訪問は、過去10年間で初めて行われました。日本政府の長は、最大の日本企業の30人の長を含む120人のビジネスマンの大規模な代表団を伴っていました。訪問中に、日露間の投資プラットフォームの創設を含む様々な分野での経済協力に関する覚書が多数調印されました。この訪問の注目すべき成果は、2 + 2フォーマットで外交と防衛省の間で協議を開始するという合意に加え、相互に文化センターの開設に関する合意に署名したことです。
 
これに関して、ロシア人専門家の中には、ロシアへのS. Abeの訪問を「日露関係の画期的な出来事」として評価した。しかし、この評価は時期尚早だったようです。 2013年秋に発生したウクライナの危機の結果、日露の対話は実際には凍結しました。この点で、我々は日露関係の進展が可能であるかどうか、そしてそれをどのように達成するかという疑問に答えようとするだろうか?
 
「政治的決断」を願う
 
日本の施設では、ロシアとの領土問題は最高レベルでの「政治的決断」をすることによってのみ解決できるとの認識があります。日本に有利な「政治的決断」をするためには、真面目な日本のロビーをつくることが必要です。言い換えれば、「日本に有利な北方領土の問題を解決するためには、ロシア大統領に囲まれた支持者を持つことが必要である。これが問題であるならば、少なくとも反日政治家の大統領選挙からの離脱を達成しなさい。」
 
ロシアの方向への日本の外交のそのようなロビー活動の例はすでに知られています。例えば、1997年から2002年の間に、日本の外務省は「北方領土」の問題を解決するための積極的な活動を開始しました。この活動は2つの「前線」 - 西部と東部に分けられました。 「西部戦線」で、「大統領官僚、国会議員、寡頭政府」に対して、北朝鮮の4つの島の移転と日露の戦略的パートナーシップの深化が中国を含むロシアの国益を満たすと確信させるためにロビー活動が行われた。中央アジアでのロシアの影響力の確保代理人の一人がこの問題を提起した場合、「日本を訪問する招待状、プレゼントを贈る、レセプションを招くなど、さまざまな点で日本側はこの代理人を日本の友人にしようとした」
 
「東部戦線」での活動は、「北方領土の地域住民と直接協力する」ことでした。同時に、日本の島の「帰還」の後、地元の人々はより豊かな生活環境を持つという事実が強調されました。さらに、日本の市民権を受け入れることによって、彼らは島に住んで働くことができるでしょう、そして、「日本の市民権を取得したくない、そしてサハリンや本土に住むことを望んでいる人々」に一度限りの手当が割り当てられます。
 
D.メドヴェージェフ大統領の時代、多くの内的および外的な政治的要因のために、ロシアの方向への日本のロビー活動は効果的ではなかった。まず第一に、これは日本自体の不安定な国内政治情勢によるものです。ロシアとの関係を改善し領土問題を解決することについての大きな声明にもかかわらず、2009年8月に権力を握った民主党政府は、この方向への行動のための綿密な戦略を持っていなかった。さらに、南クリル諸島に関するロシアの主権は疑いの余地がないというロシアの大統領の原則的な立場に注目することは重要です。
 
しかし、2012年にV.プーチン大統領が再びロシア連邦大統領に就任する意向について知らされた後、日本側はプーチン大統領の帰還で領土問題を解決することに自信を持った。 2011年後半には、日本の専門家は圧倒的に

http://dellexpert.ru/server-dly-1c-8-8.1-8.2-8.3-configurator.html

http://dellexpert.ru/cborka_servera.html

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本社会人際関係,特別関于東京和大阪:

« 開始博客的理由 | Main | »